logo

copy

少子高齢化、人口減少、AI・IT社会・グローバル化の中での地方衰退。
そんな時代だからこそ、子どもから高齢者まで心身健康、地方からの経済成長。
強くてやさしい子どもが育つ子育て・教育、誰もが安心安全な生活を実現するために。

若者・女性が経済・政治の表に出る時代へ転換を!!

copy

少子高齢化、人口減少、AI・IT社会・グローバル化の中での地方衰退。そんな時代だからこそ、子どもから高齢者まで心身健康、地方からの経済成長。強くてやさしい子どもが育つ子育て・教育、誰もが安心安全な生活を実現するために。

若者・女性が経済・政治の
表に出る時代へ転換を!!

5つのチカラ

「 やり抜く力を、磨いてきました。」

  • PPure

    自然の理に沿うよう決断・行動しています。世のため、人のため、お役に立ちたい一心です。迷いはありません。

  • PPassion

    謙虚な迷いない心から、湧きおこってくる情熱が止まりません。

  • CCreative

    独りよがりは不毛です。鍛えた傾聴・共感力で、他を尊重し、新時代を切り開くアイデアを政治に届けます。

  • AActive

    考えるだけ、感じるだけでは結果が出ません。元気に動いて、社会を転換します。

  • NNever Give Up

    ゴールに向かって前進し続けます。

ご挨拶

政治に心を

「誰もが生まれてよかったと思えるために」はどうすればよいかと、ずっと、ずっと探し続けてきました。人は自然に沿って生きられれば、天寿を全うできます。自然に沿った生き方の種は、元々、全ての人の中にあり、社会や文化の中で、育まれていきます。だから、大事なのは子育て・教育です。人は争いながら、協力しながら、英知を培ってきました。英知を実現するためには仕組みや制度が必要です。
1996年より15年続けたたけうちクリニックで、「話をよく聞いてくれる、薬を少ししか使わないのによくなおる」と評判をいただくようになりました。しかし、ストレス病の患者さんは増えるばかり。長生きをするようになり認知症も増えました。
2011年から15年まで県議会議員を1期務めさせていただきました。議会で訴えると、いつか、提案した仕組みや制度が政策に取り入れられる体験をしました。一人では視察もできません。最終的に自由に意見を述べることを保証していただいた自由民主党会派に所属しました。
私は青い空が大好きです。青空の下に広がる山・川・海・そして人々が住む家々・ビルを見下ろす時、かけがえのない自然、ここに住む誰もが幸せになって欲しいという思いがこみ上げてきます。
確かに70歳を越えました。やっとこの年齢なって、全体が見え見えるようになりました。気力・体力は若い時以上に充実しています。
一人一人が「変えようと決め、行動する」ことで社会は変わります。私の最終使命は、皆様のお声をよく聞きながら「誰もが生まれてよかったと思える社会づくり」に全力を尽くすことです。

プロフィール

Profile

趣味 自然散策
俳句
スロージョギング
(ホノルルマラソン完走しました)
長所・短所 純粋
寛容
ボーっとしたところがある
(チコちゃんに叱られそう)
粘り強い
好きな言葉 感謝
尊敬する人物 故 日野原重明先生
故 田中角栄氏
好きな色 赤とピンク
好きな本 アルプスの少女
好きな場所 別府湾
高野山

経歴

  • 故郷の山や川が私の原点です

    大分市判田生まれ
    大分県立大分舞鶴高校卒業

  • 人は社会の中で生きていることを意識するようになりました

    九州大学文学部社会学専攻卒業
    九州大学文学部大学院社会学専攻中退

  • 時代の最先端で働きました

    日立製作所に入社 コンピュータープログラマー(横浜)
    大分商業高校の情報処理科の立ち上げに携わる

  • 子どもたちとの出会いでした

    県立高校の英語教員として勤務

  • 心と身体のつながりに気づきました

    40歳で大分医科大学に入学を決意
    大学卒業後、九州大学付属病院等に勤務
    「たけうちクリニック」開院 院長
    県立高校スクールカウンセラー
    不登校、引きこもりの青少年のためのフリースペース「アスパル」開校

  • 制度や仕組みを変える仕事の大切さに気づきました

    大分県議会議員(2011年〜/1期)

  • 現在

    心療内科・精神科・児童青年期精神科医師
    「女性タイムズ」(無料月刊新聞)主宰